育毛促進剤の使いすぎは心臓に負担をかける

育毛促進剤の使い過ぎは心臓に影響を与えるのか?

育毛促進剤は心臓に影響を及ぼす、育毛剤を使いすぎると心臓に負担を与えるというのは果たして本当か?育毛促進剤は一種の薬であり、風邪薬を飲んだら眠気がさすなどと同じように、育毛剤にも副作用がある。

育毛促進剤の中に、「ミノキシジル」という成分が入ってるが、この成分の中の副作用として、体の毛が濃くなったり、頭皮がかゆくなったり、いわゆる血圧の値が下がったりするということがあるので、特に心臓の病気を抱えていて、育毛促進剤を使用しようとしている方は、かかりつけの医者とよく相談してから育毛促進剤を使うことをお勧めする。

また、「ミノキシジル」のほかに、「フィナステリド」という成分も入っており、この成分もいわゆる副作用がある。具体的には、男性の機能が低下したり、性欲が減るあるいは全くなくなってしまう、胃の調子がおかしくなる、頭が痛くなるなどといったことが考えられるので、この成分が入っている育毛剤は、未成年の男性や、女性は使用してはいけない。

いずれにおいても、育毛促進剤を使用する場合は、特に持病を抱えている方や、先ほども記載したように心臓の病気を抱えている方は、どんな育毛促進剤を使用するにしても、一度かかりつけの医師とよく相談したうえで使用し、決められた用量、用法をよく守って使っていただきたいと思う。

育毛促進剤をなるべく使用しないためにも、日ごろから日々の日常生活に気を付けて、バランスの良い食事・適度な運動・睡眠時間の確保をきちんと行う必要がある。